awsは難しい?運用代行業者を比較するポイントを解説

AWSはAmazonが提供するクラウドサービスのこと。導入や運用には専門知識とスキルを要し、素人には扱いが難しい一面もあります。一方、AWS運用代行業者も存在します。彼らはAWSの専門家であり、導入企業にとって強い味方となる存在です。

しかしベストな業者を選ぶにはポイントを見極める必要があります。記事では、AWSの基礎知識に加え、AWS運用代行業者を選ぶ際に参考となる比較ポイントも解説します。

AWSとは

AWSはクラウドサービスのひとつです。クラウドサービスとは、インターネット上のコンピューター資源を提供するサービスのことを指します。AWSは、Amazon Web Servicesの略から分かる通りインターネットショッピング大手のAmazonが提供するサービスです。

Amazon社内のビジネス課題を解決するために蓄積されたノウハウを基にして、2006年からウェブサービスとして提供し始めました。

コスパの良いAWS

AWSの特徴はコストパフォーマンスの良さにあります。ユーザーは、必要な期間、必要な量だけクラウド上のリソースを利用できるのです。これはクラウドコンピューティングの大きな利点の一つだといえるでしょう。それまでは、長くて数ヶ月前からITインフラやサーバーを用意する必要がありました。

その作業は大規模になりがちで費用の負担が大きかったのです。AWSを利用すると無駄なリソースまで確保する必要がなくなります。無駄がないので割安価格で契約できるのです。

AWSの安全性

AWSは、世界で定められているいくつかのセキュリティ基準の要件をクリアしています。

例えば情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格である「ISO27001」や、システムに対する攻撃の監視や分析などを担っていることを表す「SOC」、クレジットカード情報を保護するセキュリティ基準の「PCI DSS」などの要件を満たしているのです。

このことからも、AWSは安心して利用できることがわかります。

常に改善を重ねるAWS

AWSでできることは多種多様であり、ユーザーのあらゆる望みを叶える可能性を秘めています。例えばデータベース、ストレージ、コンピューティング、ネットワーキング、開発用ツールなどがそうです。また、AWSでは約3,000以上のサービスを提供しています。

これらのサービスは、ユーザーからのフィードバックを参考として今まで何度も改善されてきました。つまりAWSではユーザー目線のブラッシュアップが常に行われているといえるのです。またサービスの使用料金の面でも、2017年7月までに60回以上の値下げがされるなど、常に利用者に還元してきました。

耐障害性と高可用性に優れたAWS

AWSでは耐障害性と高可用性に優れた独自の構成を築いています。耐障害性は、なにかトラブルが起こった場合でも、問題なく稼働できる性質のことです。また高可用性とは、システムを問題なく運用していくことが出来る能力のことを指します。

つまりAWSは、そもそもサーバーやシステムに問題が起こりにくい作りになっており、もし何かトラブルが起こったとしてもユーザーに影響が及ばない構成となっているのです。例えばシステム不具合によるウェブサイトのダウンなど、不測の事態を避けたいユーザーにとっては大きな魅力となります。

AWSの実績

AWSの利用者は世界中で数百万と言われています。日本だけ見ても数十万以上です。これら膨大なユーザーのなかには、公的機関や大企業なども存在しており、高い信頼を得ていることがわかるでしょう。また彼らは「JAWS-UG(AWS Users Group – Japan)」というコミュニティなどを通して、ユーザー同士で活発に交流することもあります。

AWSの運用は難しい

AWSは優れたクラウドサービスですが、提供サービス領域はあくまでインフラまでです。その先にあるサーバーやストレージの構築、運用、保守などはユーザーの領域として任されています。またAWSで安全かつ安定した運用を行うには24時間、365日の定常作業が必要です。

その上で、障害が起きた場合には正しく処理しなければなりません。

このことからも分かる通り、AWSを使いこなすには独自の技術ノウハウが必要となるのです。自社のなかでAWSに関する知識や技術に精通したスタッフがいない場合、AWSの機能を満足に使いこなせない可能性があります。

そのため一般企業などから「AWSの運用は難しい」と考えられがちなのです。


AWS運用の代行業者とは

運用が難しいと言われるAWSを導入するときには、代行業者に依頼することも可能です。AWS運用を専門とした代行業者は多く存在します。

基本的には、AWSの導入から運用、保守、監視、障害対応にいたるすべての工程に対応しているでしょう。依頼範囲はケースバイケース。すべて一括で任せることも可能だし、すでにAWSを導入済みの場合、保守管理のみを依頼することも可能です。

AWS運用の代行業者の比較ポイント

AWS運用代行業者のなかでどこに依頼するべきか迷ってしまうことがあります。そのようなときには、以下で紹介する比較ポイントを参考にすることでスムーズに選ぶことができるでしょう。まずは会社やスタッフが信頼できるかどうかに着目してください。

AWS運用代行業者の中には、会社は立派でも実際に働く従業員を非常勤スタッフばかりで構成しているパターンがあります。非常勤スタッフの場合、担当の入れ替わりが激しくなる恐れがあり、引き継ぎミスなどのヒューマンエラーが起こりやすくなるでしょう。

また個々のスタッフのスキルにばらつきが出やすくなることも否めません。そのため常勤スタッフで構成されているかどうかはもちろん、担当スタッフの頻繁な交代があるかどうかについても、契約前に確認してください。次に、AWSに関する技術があるかどうかも重要なチェックポイントのひとつ。

AWS運用にあたっては「AWS 認定クラウドプラクティショナー」や「AWS 認定ソリューションアーキテクト プロフェッショナル レベル」など公式の認定資格が存在します。これらの資格を保有している業者であれば、一定のAWS運用スキルを持っていると考えて良いでしょう。

また実績を公表している代行業者もいるので合わせてチェックしてください。大手企業や官公庁から業務を請け負った実績のある業者であれば、ある程度の信用はできると考えられます。最後に見るべきポイントは委託費用が適正かどうかです。

AWS自体はコストパフォーマンスに優れたクラウドサービスですが、運用する業者への委託費用が高額では意味がありません。また、反対に委託費用が安いからと言って飛びつくのも早計です。代行業者の運用スタイルや実際の業務に当たるスタッフのレベルなどを総合して考慮し、費用が適正かどうかを判断する必要があります。

素人には判断が難しいかもしれませんが、第三者の立場から見たインターネット上の口コミなどを参考にすると指針の一つとなるでしょう。

参考資料…aws運用代行 > CloudCREWhttps://managed.gmocloud.com/managed/